セールについて

基本的にはセールとバーゲンという言葉は同一の意味で使われることが多い。 分類するとすれば、セールは小規模で、バーゲンは大規模といったところだ。 現在の日本では、言葉としてはほとんどセールを使う。 バーゲンは昔に使われていたが、今日ではほとんど使われなくなった。

独自にセールを開いている百貨店やファッションビルがある。
西武百貨店やそごうであれば、「冬市」、「夏市」といってセールを開いている。
パルコは、グランバザールという名でセールしている。
阪急百貨店では、レッドバザールといった名前でセールを行っている。
丸井ではスパークリングセールと呼んでいる。
LOFTでは、イエローバザールという名でセールをしている。

セールにもいくつか種類がある。
ワゴンセールというのは、ワゴン内に売れなかった商品を入れて、安売りするというもの。
タイムセールというのは、時間を18時から1時間というように時間設定をしたセールのことを指す。 野球球団が優勝したりすると、優勝セールが開かれる。 それぞれの野球球団に関連する商品や、野球球団が属する地域などでセールが行われる。 球団が優勝できなかったとしても「応援ありがとうセール」と称してセールを開く場合が多い。