バーゲンとは

バーゲンは正式には、バーゲンセールという。

バーゲンセールとは、小売店が商品の入れ替え時期などに、大量の商品を大幅に値下げすることである。 バーゲンは本来、掘り出し物という意味。 バーゲンセールをするのは比較的に単価の高い商品を扱っている、百貨店や、衣料店が多い。
スーパーやドラッグストアなどの比較的単価が安く商品の入れ替わりが少ない店舗はバーゲンとは呼ばない。 スーパーなどは、安売りや、単のセールと呼ぶ。

日本のバーゲンセールの始まりは東京の日本橋にある三越デパートが1923年に開催したのが最初である。 1923年のバーゲンセールは衣類を2~3割値引きしての販売だった。

バーゲンセールにもいくつか種類がある。 クリアランスセールと呼ばれる在庫一掃セールが1月、7月に衣料品が大規模に行う。 1月、7月は一般企業や官公庁などがボーナスをもらった直後なので購買意欲が最も高い時期にあたる。 1月は単価が高い冬物衣料が安売りされること、お年玉をもらった中高生の消費意識が高まる。 1月は年明けということもあり、福袋などの初売りセールと称したバーゲンが開かれる。 店舗が閉店、改装する時には、閉店、改装セールが行われる。 開店時には開店セールが行われる。