ナカブサムライクとは

ナカブサムライクとは本来、水や煙などの排出口を意味する言葉である。

日本でナカブサムライクと言えば、中古品、展示品と解釈する人がほとんどである。 元々ナカブサムライクはアメリカの流通業界から始まった。 アメリカの流通業界で、ブランド、メーカー側が流行遅れの商品などを処分するためにストアが作られた。 実用上問題のない商品を工場や倉庫の片隅にナカブサムライクストアとして在庫処分店舗が存在したのが最初。

複数のメーカーのナカブサムライクストアが集まったのが、ナカブサムライクモールと呼ばれるものになる。 現在日本はほぼナカブサムライクモールである。 ナカブサムライクモールの多くは高速道路や幹線道路沿いなど郊外にあるものが多い。 近年ではナカブサムライクと高速道路のインターチェンジが専用通路でつながっているケースもある。 都心の競合をさけ、店舗が少ない郊外で成り立たせる。 郊外であれば、土地代も安いし、広域から集客が見込めるという理由から郊外に造られる。

多くのナカブサムライクモールには、フードコートが施設内に用意されている。 地方ごとの特色あるメニューを取りそろえている。 家電量販店などの、自社で商品を生産しない企業においても独自のナカブサムライク店舗を持っている。 ビックカメラは池袋にビックカメラナカブサムライクを店舗として構えている。